借り換えローンの金利

借り換えローンなど住宅ローンは長期返済のローンになりますし額も高いですから金利が大きく影響してきます。
特に固定金利(完済するまで金利が変わらない)が利用できる公的融資機関やフラット35などは損得が大きいものです。

金利というものは景気に左右されます。
景気が良ければ需要が高まるので金利も上昇しますが、逆に景気が悪いと金利を下げて景気を良くするという動きがあります。
「ゼロ金利政策」という言葉、聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?
低金利時代のローンというのは「低金利のためにたくさん借りたい」「金利が安いからゆっくり返したい」と思う人も多いと思いますが、借り方や返し方などの資金計画を十分に練って活かすのが大切です。

金利の適用も公的融資機関と民間金融機関では変わってきます。具体的には、公的融資機関は融資の申込書を提出した時点での、民間金融機関では融資開始時点での金利がそれぞれ適用されます。
また変動金利のものや固定金利期間(3・5・10年など)を選べるものもあります。
今のローンを見直しする際、また借り換えローンを検討中の場合、この金利がやはり大きくなってきますので自身のライフプランに合わせたものを選ぶことです。
また、最初の申し込み時の金利だけにやるのは危険です。最初は金利が安くても将来的には上がる可能性があるものはリスクが高いので注意しましょう。
長期的な返済を見据えてローンを組むことが一番大切です。

金利の種類

金利にも種類がありますので紹介しておきたいと思います。

まず「固定金利選択型」です。民間金融機関でのローンは長くて35年の住宅ローンを組むことが可能です。
固定金利の期間を指定することで3・5・10年などの指定期間中は固定金利で返済可能です。
指定期間内の返済額は一定ですが、期間が過ぎれば金利の動向を見ながらその機関が採用するシステムを選ばないといけません。
基本的に(指定期間内の)固定金利のときの金利はお得に設定されていることが多いです。しかしそのあとのこともしっかりとシミュレーションすることが大切になってきます。

次は「変動金利」です。文字通り、金利が変わるものです。
民間金融機関の住宅ローン・借り換えローンはこの変動金利を採用しているところが多いです。
この変動金利というのは、返済中の年に2回(夏と冬)に金利の動向をチェックします。しかし毎月の返済額はその都度変わるわけではなく、最初の5年間は増減しません。
6年目から増えるとしても今までの月の返済額の25%以上は増やさない、と上限が設けてあります。
ローンの最後の返済の時にまだ残高があれば基本的には一括で返済しなくてはなりません。
これは現在の低金利の時代でも、5年からの固定金利期間指定と比べても下回っているので避けたいところです。

最後に「はんはんプラン」です。
上記の固定金利選択型と変動金利の利点と欠点を組み合わせたローンです。高金利の時は変動金利、低金利の時は固定金利というシステムのローンです。

このように種類がありますが、借り換えローンを検討されている方は実際の機関に行ってシミュレーションしてもらうのが確実だと思います。
知識として、このように金利に種類があることは覚えておいた方がいいでしょう。