借り換えローンの流れ

実際に借り換えローンをした方がいい・検討した方がいいというのはどのような人なのでしょうか?

まず「今または将来の収入では、金利上昇による負担が心配だという人」「毎月の返済が家計の負担になっている人」「金利による残高を少しでも下げたい人」「短期固定金利でローンを組んでいて今の金利上昇が大きな負担になると想定される人」などです。
一般的にローンの借り換えは、低金利で長期的に借りられるものに変更する方がいいです。
これからの金利変動のことを考えるなら、なるべく早く借り換えローンを検討するべきです。

手順としては以下の流れになります。
まずは借り換えローンを組む予定の機関を返済予定表などでチェックします。
そしてその会社に金利や諸経費・手続き方法などを相談しましょう。そのとき返済シミュレーションなどで説明してくれます(この相談のときに親身になってくれない機関はやはり選ばない方がベター。
ただその担当者だけの態度の可能性もあるので、他の担当者にも相談してみるのもいいかもしれません)。
借り換えローンを申込みます。ここで各書類を提出します。
審査に通ったら借り換えローン予定の期間から「審査OK」の連絡が来ます。
審査に通ったら今返済中のローン会社に、ローン完済の連絡をします。
借り換えローン予定の機関と、金銭消費貸借契約・保証契約・抵当権設定契約などの融資に関する契約を結びます。
融資が開始され、現行のローンが完済となります。
そして借り換えローン先が新たに抵当権を設定します。

このようにして借り換えが完了し、新しいローンの返済開始となるのです。