フラット35のデメリット

フラット35・借り換えローンの必要性は前回説明してきました。前回はメリットばかりあげたので今度はデメリットについて紹介します。
フラット35は35年のローンになりますので、20年ローンと比べると金利は少し高い傾向があるようです。
もし35年もローンが不要で10年や20年でいいわという人がいたらフラット35よりも安い金利のローンがお得です。
ちなみに平成19年から【フラット20】が始まりました。これはフラット35よりも0.2%くらい金利が低くなっています。

次に、フラット35を申し込んでから審査があるため実際の借入までの期間が2週間から1ヵ月かかるということ。この期間は金融機関により変わってきます。
余裕を持って申込をすることが大切ですし、もし審査に落ちたら借入ができないので他を探すことになる事も念頭に置いておきましょう。
また不動産屋さんによっては「審査に通らなければ手続きが進まない」というところもあり、実際の入居が延びることがありますのでしっかり確認しましょう。

フラット35は融資開始時の金利になります。ですから借入の申し込みをした時点と融資開始時とでは金利が変わることがあるのです。
はっきりと確定していないのでこれはかなり不便というかギャンブルです。今の金利が2.30%しても融資開始時が2.58%だった!ということもあり得るので結局他で借りた方がお得だったということもあります。
いろいろと比較しての借り換えローンですが、こういう落とし穴にも注意が必要です。

併用ローンで補う

銀行のローンでは「団体信用保険込み」という場合が多いのですが、フラット35は加入が別途必要です、「込み」ではありません。
年に一回、残高に対して支払います。残金1000万円あたり28300円、もちろん残高が少なければ団体信用保険代も安くなります。

また「併用ローン」が必要なケースも出てきます。その理由としては【上限が8000万円】ということ。
不足している部分はローンを併用して補う形になります。
さらにフラット35は融資上限額が物件の9割と決まっているので、この不足分も併用ローンで補います。
今ではいろいろな種類の機関がフラット35と併用できるローンを提供しています。

次に、所得によって限度額が変わってくることです。これは借り換えローンやフラット35に限ったことではないですね。
所得が低ければ、もちろん融資額の限度も低くなります。これは夫婦が共働きの場合、合算して申告することによって限度額を上げることが可能です。

前回・今回とフラット35についてのデメリットや留意事項を挙げましたが、ご自身の返済プランに合ったものを選んでください。

借入するためにはいろいろと条件がありますが、近年は緩和の傾向にあります。
早めに相談して、融資が可能か確認することが大切になってきます。フラット35の保証型は借り換えローンにも利用できるようになりました。
しかし一部の機関でしか取り扱ってないようなので、比較することが大切です。