銀行ローンの要件

銀行の借り換えローンも含めて、誰でも簡単にお金を借りられるものではありません。ローンの借入の要件には大きく分けて本人に対するものと、物件に対する要件があり、ローン会社により基準はもちろん変わってきます。

本人に対する要件としては以下のようなものがあります。これは年齢・最低勤続年数・最低年収などです。安定した収入があるのか、何十年もローン返済できるかをチェックするためのものです。

年齢は20~69歳くらいまでで、最低勤続年数は正社員・自営業の場合最低でも1~3年以上です。最低年収は200~400万円ほどです。
一部の銀行では派遣社員・契約社員でも融資は可能ですが、その場合は一般のローンと比べて条件が異なるものがありますので注意が必要です。
また、転職して間もない人は事情に応じて書類の提出をしなければならなかったり会社役員の人は本人の収入だけではなく会社の決済書類も出さなかったりしなければならないケースもあります。

収入や返済の負担率に関する要件意外には、一部の銀行以外では団体信用生命保険に入れることが条件になっています。
この団体信用生命保険は加入の前に健康状態の告知が必要になります。団体信用生命保険に加入できない場合は、ローンの借入自体も難しくなります。
団体信用生命保険に加入することが絶対条件ではなく任意の借り換えローンを探す必要がありますが、あらかじめ健康に気を配っておくことがとても大切です。

物件への要件

前回は借入者本人に対しての要件を記載しましたが、今回は物件への要件についてです。
これは建築基準法など法律によってきちんと建てられたものであれば銀行のローンの場合は制限がないところが多いように思います。
そうとは言っても担保の価値があり、不動産市場で流通できる物件かということが重要視されます。定期借地権付きの住宅や、一軒家が何棟も横に並んでいる集合住宅・連棟式などは借入が難しくなっています。

他の特徴としましては、融資額は5000万円・1億円までのところが多く、物件購入金額の8割のところから全額が対象のところまであります。
全額対象ということで、最近は頭金不要で物件購入も可能ということです。
融資機関は15年以上35年以内で完済時の年齢が80歳までとなっています。返済方法は元利均等返済・元金均等返済・ボーナス払いがあります。
繰り上げ返済は自動繰り上げ返済システム・ネットにより少額繰り上げ返済など、さまざまなシステム・手数料があります。
金利は銀行ならではの預金連動型や変動金利・固定金利選択型・全期間固定金利など、銀行によってさまざまな金利設定があります。
団体信用生命保険は強制加入が原則です、保険料は金利に込みも場合が多いです。また疾病団体信用生命保険や8大疾病保障などの付帯の保険は別加入・別料金のところが多いです。

銀行ローンはフラット35と比べると本人に対する要件が厳しく設定されている傾向があります。